はりパパの海情報

haripapa.exblog.jp

海物は何でもやるよ~!

ブログトップ

毛鉤屋さん新潟出張随行記 ~DAY 3~

毛鉤屋さん新潟出張随行記、3日目。最終日。


【早朝、ラストチャンス】

今日も朝食前に宿を抜け出し、朝マズメを釣る。
c0139388_1241943.jpg


考えてみると、いまだに岩魚を釣っていない。
今日のこの釣りがラストチャンス。

車を停めた場所からほど近い入渓点。
川に降り立ったすぐ目の前の流れ。
c0139388_1401316.jpg

普通ならこんな釣り人が出入りするところで釣れるものではない。
だが、毛鉤屋さん曰く、「ここにいる」と。

アドバイスにしたがい、フライをキャスト。
キャスト。
キャスト。

「!」

自分でも不思議なくらい、反射的にアワセを入れていた。
我に帰れば、ネットに一匹の渓魚。
c0139388_135481.jpg


ようやく此の地の岩魚に対面。
c0139388_1372775.jpg

私が嬉しかったのはもちろんだが、この釣果を一番喜んでくれたのは毛鉤屋さんかも(笑)


続く釣果に期待し、朝日が射しこむ渓を釣り上がっていく。
c0139388_1414690.jpg


やがて堰堤までたどり着く。
あの岩魚の後には魚が出てこない。

ほどなく毛鉤屋さんも到着。
左右に並んで、堰堤下にフライを打ち込んでみる。
しかし、まったく反応無し。

この大場所で、いったいどういうことなのか?
魚がいない?

毛鉤屋さんと顔を見合わせ、「もしかしたら?」と、二人で堰堤下の水中写真を撮ってみる。

一枚目。
c0139388_1464011.jpg

やはり魚影は無い。

念のため、他の角度に向けてシャッターを切る。

2枚目。
c0139388_151944.jpg

あっ!ヤマメが写ってる!

3枚目。
c0139388_154318.jpg

これにもヤマメが!

4枚目。
c0139388_1572673.jpg

3匹も写っている!
しかも奥側の魚は明らかに岩魚!

これだけ魚影があるにもかかわらず、ドライフライには反応しなかったのはなぜ・・・?
本当のところは魚に聞かないと分からないが・・・。

水中には、我々が思っている以上に、餌となる沢山の流下物があるのだろう。
そう考えれば、昨日釣れたヤマメの、あの膨れた腹も納得がいく。

とはいえ。
せっかくの夏。
どうせ釣るなら、大きなドライフライで釣りたい。
そんな釣り人の我儘に付き合ってくれる渓魚が一匹でもいてくれたら、それで十分かもね。


【帰路】

8時過ぎ、宿に戻る。

3人のベスト。三日続けて渓流で釣りしたんだね。
c0139388_2242686.jpg


朝食を済ませ、出発の支度をする。

宿の犬にもお別れの挨拶。
c0139388_2219353.jpg


街道沿いの温泉に立ち寄って汗を流し、町に出て蕎麦を食す。
c0139388_2225064.jpg



今の気分は・・・

「あと一週間いても飽きないな」


(終わり)
by haripapa | 2008-09-05 22:32 | 渓流