はりパパの海情報

haripapa.exblog.jp

海物は何でもやるよ~!

ブログトップ

西丹沢

土曜日ミッドナイトのボートメバルはイマイチの釣果。
実力の結果とは言え、なんとも消化不良。

このまま無為に週末をやり過ごす気にもなれず。
何処かへ釣りに行きたいと思っていると・・・。

やっぱり電話が掛かってくる。あの人から。

「明日行きますよ!」

ノビ工場長でした。

行き先だって、言わなくとも分かります。
丹沢でしょ。
ええ、もちろん行きますよ!

 :

午前4時の入山開始時、漁協事務所前での「沢割り」に間に合うように、夜半の2時半に横浜を出発。

途中、少々手間取って、あいにく4時の沢割りには間に合わず。

漁協事務所前に着いてみると、ホワイトボードの水系図が掲示されていた。
入渓者は自分の入りたい沢に丸型マグネットを貼付けるルールになっているとのこと。

沢割り間に合わなかったものの、まだ空いている沢筋が何本か残っている。
僕らは最上部の沢を選んだ。

午前4時半、夜明け前。
入渓点を目指し、ヘッドライトで行く手を照らしながら林道を歩き始める。

 :

歩き始めてから約1時間経過。
山間の景色も薄明るくなってきた。
c0139388_2320552.jpg

でも、入渓点はまだ先。
早る気落ちに押され、ひたすら歩いていく。

 :

出発から約1時間40分、ようやく入渓点に到着。
c0139388_23212945.jpg

いまだ冬枯れの渓である。
水温を測ってみると・・・摂氏5度。手を水に浸けると痛いほど冷たい。
この水温でドライフライに魚が出てくれるだろうか?

ノビ工場長が熱いコーヒーを沸かしてくれた。
釣りの前に朝食を摂る。
早朝は水温が低いから魚の活性もすぐには上がるまい。
釣り人もスロースタートである。

腹ごしらえを済ませ、ロッドをつなぎ、悴んだ手でフライを結び、釣り上がりを開始した。

 :

それにしても、予想した通り、魚が出てこない。
まあ、この水温では、魚が付いているのは流心や平瀬ではなく、流心脇や深場だろう。
そんな漠然とした考えで、当たりをつけて探っていくと・・・

入渓から約1時間。
ようやく最初のヤマメが飛び出してくれた。
c0139388_23345886.jpg

とても小さいけれど、美しい魚体。
シーズン最初の渓魚。
年に一度の嬉しい瞬間である。

実はこの魚が釣れた場所、最初にノビ工場長が狙っていたのだが、運悪くフライが木に引っ掛かってしまった。
その間に僕が竿を出させてもらったら・・・釣れてしまったという次第。
なんとも申し訳ない。

とにかく、今日のパターンはなんとなく見えた。

彼と僕、お互い前後しながら、
c0139388_23445581.jpg

先ほど釣れたところと同じようなシチュエーションのポイントを
c0139388_23451061.jpg

重点的に狙いながら、
c0139388_23452623.jpg

釣り上がっていく。

そうして、さらに約1時間半後。
ようやく2匹目。
c0139388_23492670.jpg

この子も小さい。
けれど、嬉しい。

すぐ先を行っていたノビ工場長も、可愛いヤマメをキャッチ。
c0139388_23503692.jpg


朝方からの曇り空が晴れてきて、日が差し込み始めた。
このタイミングで魚の活性が上がってきたようだ。

この後、彼はさらに2匹、僕も1匹をキャッチした。


午後に入り、空模様が再びあやしくなってきた。
天候が崩れる前に、早々に渓を後にした。

 :

この日は、彼も僕も、それぞれ3匹ずつキャッチ。
二人で同じ沢筋を釣って魚を分け合っていたわけで、早春の釣果としては上出来だろう。
この先、4月~5月のベストシーズンが楽しみである。
by haripapa | 2010-03-31 00:08 | 渓流