はりパパの海情報

haripapa.exblog.jp

海物は何でもやるよ~!

ブログトップ

加計呂麻島 番外編3「来々夏ハウスのご飯」(写真追加)

ビーチサイドの来々夏ハウス。
c0139388_22252484.jpg


この宿に、御泊りの際は。

ご注意ください。

朝と夜、めいっぱい、ごちそう責めに会いますよ(笑)

 :

初日。
島までの大移動で疲れてたし、お腹もかなり空いてたので、気づきませんでした。

 :

2日目。
夕食は、海の幸&バーベキュー
c0139388_22323516.jpg

つか、海の幸(鯛の煮つけ、カツオ刺身)だけで十分なんだけど。

ここのご主人はそんなんで許してくれません。

肉は、牛と、地元の漁師さんが獲ったイノシシ。全部食べなさいと。
c0139388_22361740.jpg


で、ご主人、ときどき様子を見に来ては、
「ご飯、足りてます? お代わり沢山ありますから、言ってくださいね。」

・・・このあたりから「やばくね?」と気付き始める。

 :

3日目。
朝食には、前夜にご主人が釣ったタマンが魚汁で出てきました。
(旨かったので写真撮り忘れた・・・)

夕食には、刺身で。
c0139388_233375.jpg

こんな感じで、釣果があるとスペシャルメニューがさらに追加されるみたい。

そもそも、ベースメニューだけでも地元名産が2品も含まれてたんですけどね。

地元名産その1、
アサヒガニ。
c0139388_23451721.jpg

地元名産その2、
ヤコウガイ(大きな巻貝)。
c0139388_23461240.jpg

 :

4日目。
この日の晩餐も、もちろん海の幸。
魚まるごと一匹のから揚げ(これ基本)と、マグロの刺身。
c0139388_22501974.jpg

マグロは地元漁師さんから買い付けた新鮮なもの。

お頭も、カマ焼きで出てきました。
c0139388_22511460.jpg


でも、これで終わりじゃないんだな。

ご当地スタイルメニュー、「鶏飯」。
c0139388_22541086.jpg

ご飯にお好みで「かやく」を載せ、鶏のだし汁を掛けて食べる。

奄美空港から車で移動していたとき、車窓から「鶏飯」の看板を掲げた食事処を何件も見かけました。
すごーく気になってたんですが、思いがけず、此処でそれを頂けるとは(喜)

 :

と、まあ、連日連夜こうですから、胃拡張にもなりますよ。

もう~!


いまだに後遺症が続いてるかも。


(つづく)
by haripapa | 2010-10-12 23:04 | 南の島