はりパパの海情報

haripapa.exblog.jp

海物は何でもやるよ~!

ブログトップ

加計呂麻島 DAY2 ランガン

2日目、午前。

朝練から戻り、宿で朝食を頂いたあと、即効で出撃。

事前にあたりをつけていた場所をランガンで回るうちに、自分たちが好きなタイプのポイントにたどり着く。

大潮の干潮時間が近づいて、かなり水が引いたシャローエリア。
c0139388_4134391.jpg

釣り始めて15分かそこら。
僕に最初のフィッシュ。
c0139388_4173930.jpg

馴染みのコトヒキ。
c0139388_4181696.jpg

そのあと、ほぼ同時にharimamaもフィッシュ。
c0139388_4191258.jpg

カスミのメッキ。
c0139388_4194132.jpg

ブルーフィンが美しいよね。
c0139388_420950.jpg

今回、harimamaは来る前からカスミアジを狙ってた。
サイズがかわいいのはともかく、早くも本命キャッチ。

そろそろ、昼飯時。
ほかのポイントへ移動しながら、どこかで食事をしよう。

 :

なんて、思ってたら、甘かった。

この島には、商店とか、食事処とかほとんどありません。
商店はフェリーの港にあるくらいで、基本的に集落にはないみたい。
そもそも、島では買い物ってのは日常的なものではなく、一括で買いだめしておくのが普通らしい。
よく考えてみると、たとえば台風とかでフェリーが一週間欠航することだってあるわけで、買いだめは必須。必要な時に買いに行く、ってな感覚では干上がってしまうリスクがある。
あと、島に昔から住んでいる人たちは、島の住人を相手に商売をしようとは考えない(考え付かない)みたい。
そんな感じだから、もちろんコンビニなんてありません。

やばいな~、宿に弁当を頼んだ方が良かったかなぁ~。

行き倒れになりそうな不安を抱えながら島内を走る。
c0139388_4422579.jpg

嗚呼、フロントガラスにダッシュボードに置いたストリッピングガードが映りこんでいるなぁ・・・って、そんなの関係ないよ、だからお腹空いたってばよ。

 :

そして辿り着く、美しいビーチ。
c0139388_443495.jpg

ここに、オアシスが存在した。
c0139388_4434216.jpg

地元のご婦人がゆるーい感じで営む、海の家と商店の中間のような・・・なんだろ、空間?
に巡りあえたのでした。

何か食べさせてください
カレーしかないのよ~
あー、もー、カレー最高です。お願いしますぅ~

我々はからくも窮地を脱したのであった。

カレー、うま~  ( ^)o(^ )
c0139388_4531833.jpg

空腹が満たされ、ゆっくりと流れる時間に身を預ける。
c0139388_4585032.jpg

でも、ちょっと釣りしちゃたりもするけど。
c0139388_4592947.jpg

でもって、かき氷イチゴシロップ練乳掛けを食べたりもするけど。
c0139388_522373.jpg

そんな僕らに釣れたのは、エソだけだったけど。
c0139388_535166.jpg

でも、こんな一日って、あってもいいよね。


(つづく)


次回エピソード予告!


満月の夜。
c0139388_5215198.jpg

来々夏ハウス前のワンドに、巨大タマンが現れた!
c0139388_5221418.jpg


刮目して待たれよ!
by haripapa | 2010-10-03 05:15 | 南の島